女性でも簡単内部ブログ・SEO付ワードプレスでホームページ制作とカスタマイズ。女性起業、アドバイザー、イベント告知に最適なサイトが格安で。メールサポート付。

カテゴリ:3. ワードプレスバックアップ, ブログ タグ:  

WordPressはまったくバックアップを取っていないと、最悪の場合、 初めから作り直しになります。pc_1_r10_c9   WordPressは、プラグイン「BackWPup」を使ったバックアップ方法が有名で一番お勧めな方法です。 「BackWPup」でネット検索すれば設置方法が載ったサイトがたくさん見つかりますので、わかりやすいな~と思ったサイトを参考に設置してください。

●「Neta one WordPress神推しブログ」さんのサイトはわかりやすいです。

 


しかし、プラグインなのでエラーになるなどうまく行かない場合があります。 その時はこれらを試してみてください。

  • PHP 5.3.2以上にする(レンタルサーバー管理画面で確認)
  • プラグインを一部または全部停止してみる (設定が解除されるプラグインもあるので事前に設定内容をメモしておく)BackWPupの画面
  • 圧縮ファイル形式を ZIP⇒GZIP にしてみる
  • 「File backup」がすごく重いので、Jobを他と分けてRunしてみる
  • Dropboxなどにバックアップなら、認証が解除されてないか確認。(解除されていたら再度認証手続きを行ってみる。空き容量も確認。
  • バックアップ先のフォルダ名(パス)に日本語が含まれていたら、英語に変更する
  • BackWPupプラグインを更新してみる。(更新に失敗したかもしれないので)
  • 記事や画像数が非常に多いサイトは、契約レンタルサーバーにご相談する。(処理に時間がかかりタイムアウトエラーになっているのかもしれないので)

※ このサイト【レディPC×Template】は、「ロリポップ・ロリポプラン」で「BackWPup」動きます。

 


それでもだめなら、手動でやりましょう。
ここでは手動でバックアップする方法を詳しく紹介します。 なお、ここで紹介しているWordPress内の「エクスポート」は、完全なバックアップを保障していません。アイキャッチ設定が含まれていませんでした。 アイキャッチとは

他にも何か不完全な部分があるかもしれませんが、全くバックアップをとっておかないよりは安心なので、プラグイン「BackWPup」が動かないならこちらの方法を試してみてください。 操作は自己責任でお願いします。

まずはじめに 【メディアの設定】 画像ファイルの管理をしやすいように、「メディアの設定」を「年月ベース…整理」にチェックを入れておくことをお勧めします。

メディア管理

 

 

手動バックアップの操作方法 目次

 

 

ftpツール設定

Windows の定番FTPソフト FFFTP(http://sourceforge.jp/projects/ffftp/)をダウンロードしてインストールします。

FFFTPサイトの下の方にインストールから起動までの画像が載っています。ffftpダウンロードサイト

 

デスクトップにアイコンが作られます。起動したらホストの設定をします。ffftpアイコン

  【このように設定します】

赤い字の部分はレンタルサーバーからメールで情報が届いているはずです。ffftp設定内容

⑤の「ローカルの初期フォルダ」がどこのレンタルサーバーも任意となっていますが、バックアップしたファイルを自分のパソコンのどこに保存したいかを選んで設定しましょう。ftpバックアップ場所設定

※ 詳しくは、契約しているレンタルサーバーの「サポート」でご確認いただけます。

● 接続できるか確認しましょう。付けた名前(ホストの設定名)を選んで「接続」をクリック。

ffftp接続

  右側がレンタルサーバーの中身、WordPress関連のファイルが入っていますね。 左側が先ほどバックアップの保存場場所を設定した自分のパソコンフォルダーです。 まだバックアップを保存していないので空っぽです。

ffftp接続後の画面

  ● サーバーとの接続を切断するには、「切断」をクリックです。

ffftpサーバーとの切断

  ● FTPツールにもパスワードをかけましょう 最近はパソコンに侵入してこのFTPツールからサイトを改ざんするケースがあるようなので、ここにもパスワードをかけましょう。

ffftpにパスワードをかける

  【手動バックアップの操作方法 目次 に戻る】